1. ホーム
  2. ヒゲの基礎知識
  3. ≫髪の毛は薄くなるのに髭が薄くならないのは何で?

髪の毛は薄くなるのに髭が薄くならないのは何で?

髪の毛と髭

髭が濃い男性の疑問。髪の毛は薄くなるのに髭が薄くならないのは何で?

髭の濃い男性って薄毛の人が多いですよね。髭が濃いから必ず薄毛になるわけじゃないし、髭が薄くても髪の毛がハゲる人はいます。でも周りを見回して多いのは「毛深い人=薄毛の人」です。

  • 何で髪の毛は薄くなるのに髭は逆に濃くなるのか?
  • 同じ体毛なのに何で真逆なの?

髪の毛とヒゲで全く逆になるのは、男性ホルモンの働きが深く関係してます。

このページでは、男性ホルモンの基本的な働きと、髪の毛とヒゲに対する作用の違い、またホルモンの働きに着目した「ヒゲを薄くする抑毛ローション」について詳しくご紹介します。

男性ホルモンの基本は発毛を促す

man_hige

男性ホルモンの基本的な働きは「発毛を促すこと」です。

性別が女でも男でも「男性ホルモン」というのは体の中に存在します。

この男性ホルモンの働きによって

  • 体毛が毛深くなって濃くなる
  • 体ががっしりとした体つきになる

といった体の変化として現れます。

男性ホルモンと女性ホルモンは体の中で絶妙なバランスをとっていて、ムダ毛や体つきといった変化だけでなく、体の体温を調節したり、疲労を回復したりといった作用もあります。

年をとって更年期となり倦怠感・体温の乱れといった症状がでるのも、体のホルモンバランスが崩れるためです。

薄毛の原因は男性ホルモン以外にもある!

薄毛やハゲといった髪の毛が薄くなる原因は男性ホルモンの働きだけではありません。他の要因が男性ホルモン以上に大きいので、男性ホルモンが多くて本来生えるはずの髪の毛が逆に薄くなってきます。

最新の研究では、薄毛になる要因は以下の4つと言われています。

  1. 遺伝的要因
  2. 生活習慣からくる要因
  3. ストレス要因
  4. 5αリダクターゼ要因

遺伝的要因

遺伝的要因はその名の通り「薄毛の遺伝」です。

  • 親兄弟がハゲてると必ずハゲる
  • 薄毛は母方の傾向が遺伝する

などと言われたりしますが、実はハッキリしたことはわかってません。

家族・親族にハゲがいるから必ずハゲるわけではありませんが、家系にハゲがいない人よりもハゲの確率が高いことはわかっていることです。

生活習慣からくる要因

生活習慣とは、喫煙・食事・睡眠・運動です。

喫煙や脂っこい食事が頭皮の皮脂の分泌を過剰にして、生えてきた髪の毛の成長を妨げます。また、睡眠不足や運動不足によってカラダの代謝が悪くなり、栄養分が頭皮に届きにくくなります。

それによって、髪の毛が新たに発毛しにくくなるし、せっかく生えてきた髪の毛も太く成長する前に抜け落ちてしまいます。新たに生えてくる髪の毛が細いうぶ毛のようになってしまいます。

ストレス要因

現代人は多くのストレスを抱えています。

仕事・家庭で悩みやプレッシャーの多い男性は、ストレスによって血行が悪くなったり皮脂の分泌が過剰になります。

これも生活習慣の乱れと一緒で、発毛・育毛を阻害して髪の毛が薄くなります。

5αリダクターゼ要因

「5αリダクターゼ」とは聞きなれないかもしれませんが、実は、5αリダクターゼが男性ホルモンが多いとハゲる(毛深いとハゲる)と言われる要因でもあります。

薄毛の原因

体の中にある男性ホルモン(テストステロン)と毛根部にある5αリアクターぜという酵素が結びつくと、ジヒドロテストロン(DHT)という活性型の男性ホルモンに変わります

このジヒドロテストステロンが髪の発毛を止めて、成長を阻害します。

つまり、男性ホルモンが多い(毛深い人)がハゲるのではなく、毛深くて5αリダクターゼが多い人がハゲや薄毛になるということです。

男性ホルモンが多くてヒゲが濃くなる。5αリダクターゼの働きで男性ホルモンが多くて薄毛になる。生えると抜ける、まったく逆の効果になるから、髪の毛が薄くなるのにヒゲが薄くならないんですね。

ヒゲを薄くする抑毛ローション(脱毛ローション)

男性ホルモンが体毛の発毛を促す。
女性ホルモンが体毛の発毛を抑止する。

この研究から生まれたのが「ムダ毛を薄くする抑毛ローション(脱毛ローション)」です。

抑毛ローションには「イソフラボン(大豆イソフラボン)」が配合された商品が多くあります。

イソフラボンは、女性ホルモンの主成分である「エストロゲン」に非常によく似た成分です。そして、エストロゲンと同様、体毛(ムダ毛)を薄くする働きがあることも研究で明らかになっています。

つまり、イソフラボンが配合されたローションを毛穴に浸透させることで、毛穴の奥の発毛組織(毛乳頭・毛母細胞)に働きかけて、ムダ毛の成長を抑止するというわけです。

イソフラボンが配合された脱毛ローションの中で、最もヒゲが薄くなる効果を実感できるのが「パイナップル豆乳ローション」という商品です。

パイナップル豆乳ローション

僕も実際に使っている脱毛ローションで、イソフラボンの抑毛効果と、パパイン酵素の浸透力で、毛穴の奥に浸透して確実に発毛を抑止します。だから、太くて濃いヒゲにも効果があるんですね。

参考パイナップル豆乳ローションの体験談をみたい方はこちら

ヒゲを自分で薄くしたい!という人にはおすすめの商品ですよ!

まずは1本お試しで購入

パイナップル豆乳ローションは、お試しで1本買うときも「定期購入」のコースがおすすめです。

定期購入だと

  • 初回は半額の1,350円になる(2回目以降も割引あり)
  • 送料(700円)無料
  • 30日間の全額返金保証
  • 回数制限がない

という特典があります。

ポイントは「定期購入の回数制限がない」というところです。

※公式サイトより
パイナップル豆乳ローションの注文

最初の1本使って気に入らなければ解約できるので「とりあえず1本買って試してみたい」という人も、半額で購入できる定期コースの注文がお得なんです。

初回半額になる定期コースでまずは1本購入する

 

2本分の値段で3本まとめて購入

僕の経験上、青ひげが目立たなくなるまで3ヶ月(3本分)かかりました。人によって個人差はあると思いますが、逆に言えば、3ヶ月使い続ければ確実に青ひげが目立たなくなります。

最初から「使い続けて確実にひげを薄くしたい!」という人は、2本分の値段で3本購入できる「3本定期コース」がおすすめです。

1本分が無料になる「3本コース」で購入する

 

こちらからシェアお願いします