1. ホーム
  2. ヒゲの基礎知識
  3. ≫ひげを毛抜きで抜くと薄くなるのか?

ひげを毛抜きで抜くと薄くなるのか?

hige_kenuki

ひげを毛抜きで抜いている男性は多いみたいですね。

たしかに、ひげ剃りやシェーバーで剃るのとは違って毛穴から完全にひげを抜くので、ひげが濃い人がなる「青ひげ」にはなりません。

そのため、青ひげが気になる男性はひげを毛抜きで抜いているみたいなのですが・・・それって物凄く痛いですよね?よく毎回痛みに耐えて抜けるなーと思います。

でも、レーザー脱毛も痛いんじゃないの?と思うかもしれませんが、脱毛は自分でやるわけではありません。

脱毛サロンやクリニックで受ける「脱毛」も痛いのですが、自分でやるわけではないので耐えることができます。お店に行ってしまえば、あとは有無を言わさずやられるだけなので耐えるのみです。

それに脱毛クリニックでは痛みを緩和する「笑気ガス」などの麻酔もあります。

でも、自分で毛抜きでひげを抜くって、相当勇気が必要ですよね。しかも数本程度ならいいですが、全部のひげを毛抜きで抜くのは僕はとても耐えられません。

そんなひげですが、ひげを毛抜きで抜き続けるとそのうち薄くなるという情報があります。

本当にひげを毛抜きで抜いていると徐々に薄くなっていくのでしょうか?

毛抜きで抜いてもひげは薄くならない

結論から言うと、ひげを毛抜きで抜いても、ひげは薄くなりません。

体毛のメカニズムを知るとその理由がわかります。

毛穴の奥には毛母細胞、毛乳頭、毛細血管があって、毛細血管から送られる栄養で毛乳頭が毛母細胞(ひげ)をどんどん再生します。

エステサロンやクリニックで受けるレーザー脱毛は、黒い色に反応するレーザーを利用して、ひげが焼けるときの高熱で毛乳頭を破壊して脱毛します。

laser_step

一方で、毛抜きで抜いた場合は毛乳頭はそのままです。

毛乳頭がそのままということは、しばらくすると毛母細胞を再生しはじめて、再びひげが生えるようになります。

毛乳頭を破壊しないかぎりひげは生えてくるので、毛抜きで抜くだけでひげが薄くなることはあり得ないのです。

毛抜きでひげを抜くデメリット

毛抜きでひげを抜くと、ひげが薄くなるどころかトラブルが発生することがあります。

よくあるトラブルが「埋もれ毛」と「毛嚢炎(もうのうえん)」です。

埋もれ毛とは?

maibotsu_mou

埋もれ毛とは、皮膚の下でムダ毛が再生してしまい、ムダ毛が肌の外に出ないで皮膚の下に残ってしまう状態です。

ひげが一から再生するときに、違う方向に生えてしまったり、抜いた時に傷ついた肌が再生して毛穴をふさぎ、毛穴の中にひげが残ってしまう場合があります。

毛が埋没してしまうと、そのまま黒い状態が残ったり色素沈着して肌が黒くなってしまう場合があります。

埋もれ毛を抜くときは、一度皮膚を切ってから中の毛を抜く必要があるので、見た目も衛生面でもあまりいい状態ではありません。

毛嚢炎(もうのうえん)とは?

mounouen

ひげを抜いた時に毛穴の中が傷ついてしまい、そこから細菌が侵入して赤く炎症してしまうことを”毛のう炎”と言います。

毛のう炎は見た目がニキビみたいに、毛穴を中心として赤く腫れてしまい痛みを伴います。ひどい状態のときは化膿してしまったり、腫れが大きくなることもあります。

肌を清潔にして放っておけば治るのですが、ニキビのように赤い状態がそのまま皮膚に残ったり、肌にでこぼこが出来る場合があるので、これもあまりいい状態とは言えません。

ひげを毛抜きで抜くと、青ひげが無くなり見た目が綺麗になるので抜いてしまいたくなりますが、ひげが薄くなることはないし、埋もれ毛や毛のう炎といったトラブルの元になってしまうので、できればやめた方がよいでしょう。

ひげを薄くするためには?

毛抜きでひげを抜いても薄くなりませんが、ひげを薄くする方法はあります。

それは以下の2つの方法です。

  • 脱毛サロンやクリニックの「ヒゲ脱毛」でひげを完全に生えなくさせる
  • 抑毛効果のあるローションを使って自分でひげを薄くする

脱毛サロンやクリニックの「ヒゲ脱毛」でひげを完全に生えなくさせる

ヒゲ脱毛

ひとつは、ヒゲ脱毛でひげを完全に生えなくする方法です。

脱毛サロンや脱毛クリニックのヒゲ脱毛なら、ひげを薄くすることもできるし、ひげがずっと生えない「永久脱毛」にすることも可能です。

ひげが生えなくなれば、当然青ひげもなくなります。不潔感のある無精ヒゲもなくなるし、ヒゲ剃りの必要もなくなるので肌自体もキレイになって年齢も若く見られるようになります。

完全に生えなくすることもできるけど、全体的に薄くしたりアゴだけ残すといったこともできます。

脱毛料金はかかりますが、ひげは一生いらない、青ひげを完全に消したい、わずらわしいヒゲ剃りはしたくない、という人は、ぜひヒゲ脱毛をおすすめします。

ヒゲ脱毛の特徴・料金・お店の比較などは、以下のページで詳しくまとめてあります。興味がある方はぜひ合わせて読んでみてください。
参考ヒゲ脱毛の特徴・料金・お店の比較はこちらから

抑毛効果のあるローションを使って自分でひげを薄くする

毛抜きで抜いた程度ではひげは薄くなりませんが、抑毛効果のあるローションを使えば自分でもひげを薄くすることが可能です。

パイナップル豆乳ローション

僕自身、抑毛ローション(脱毛ローション)を使ってひげを薄くしていた時期がありました。

僕が使っていたのは当サイトでもご紹介している「パイナップル豆乳ローション」という商品です。

パイナップル豆乳ローションでひげが薄くなる理由

抑毛ローションでひげが薄くなるのは、ローションに含まれる「イソフラボン」という成分の効果です。パイナップル豆乳ローションはその名称のとおり「豆乳(大豆)」からイソフラボンを抽出しています。

大豆イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンに含まれている「エストロゲン」という成分に非常によく似ています。

エストロゲンはムダ毛の発毛を抑えて体毛を薄くする効果がありますが、イソフラボンもエストロゲンと同じようにムダ毛の発毛を抑えて体毛を薄くする働きがあることが、研究で明らかになっています。

そのため、イソフラボンを配合した脱毛ローションを毎日使い続けると、徐々にひげが薄く細くなっていくというわけです。

もちろん、ヒゲ脱毛のようにいきなりひげが薄くなるわけじゃないし、完全にひげが生えなくなるわけでもありません。

でも、ローションの効果で自分でひげを薄くすることはできるんです!

パイナップル豆乳ローションはどのくらいで効果がでるのか?

パイナップル豆乳ローションを使っても、すぐにひげが薄くなるわけではありません。徐々に効果が現れてくるものなので、毎日継続して使う必要があります。

僕の場合は

  • 使い始めて3ヶ月くらいでひげが薄くなることを実感
  • 半年後には青ひげが目立たなくなるくらい薄くなった

極端にひげの本数が少なくなるわけではありませんが、ひげが細く柔らかくなっていくので、全体的なひげは薄くなっていきます。青ひげもなくなっていきます。

本気でひげを薄くしたいのなら、ぜひ毎日続けて使ってみてください。

まずは1本お試しで購入

パイナップル豆乳ローションは、お試しで1本買うときも「定期購入」のコースがおすすめです。

定期購入だと

  • 初回は半額の1,350円になる(2回目以降も割引あり)
  • 送料(700円)無料
  • 30日間の全額返金保証
  • 回数制限がない

という特典があります。

ポイントは「定期購入の回数制限がない」というところです。

※公式サイトより
パイナップル豆乳ローションの注文

最初の1本使って気に入らなければ解約できるので「とりあえず1本買って試してみたい」という人も、半額で購入できる定期コースの注文がお得なんです。

初回半額になる定期コースでまずは1本購入する

 

2本分の値段で3本まとめて購入

僕の経験上、青ひげが目立たなくなるまで3ヶ月(3本分)かかりました。人によって個人差はあると思いますが、逆に言えば、3ヶ月使い続ければ確実に青ひげが目立たなくなります。

最初から「使い続けて確実にひげを薄くしたい!」という人は、2本分の値段で3本購入できる「3本定期コース」がおすすめです。

1本分が無料になる「3本コース」で購入する

 

こちらからシェアお願いします